「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

フォトブログ

tkspkt.exblog.jp

写真主体のブログ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

40数年前にここで結婚式を挙げたし息子のお宮参りもした、懐かしい岡崎天満宮へ久し振りに訪れました。
d0171368_17233282.jpg
d0171368_17241448.jpg
d0171368_17243371.jpg
d0171368_17244781.jpg
d0171368_17254839.jpg
d0171368_17264953.jpg

[PR]
by tkspkt | 2011-01-31 17:26
先日久し振りに豊田市の自然観察の森を訪れた、以前ここはヤマガラの餌付けで有名なので数回行きましたがが今回は十年振りである。
ヤマガラはいませんでしたが・・ルルビタキがいるらしいとの情報にあちこち園内の森の中を探し回りやっと見付けた綺麗なルリビタキに感激でした。
d0171368_21141627.jpg
[#IMAGE|d0171368_21142674.jpg|201101/26/68/|mid|640|480
d0171368_21163039.jpg

[PR]
by tkspkt | 2011-01-26 21:15
南紀白浜に旅行されて撮影されました画像にフォト短歌を詠ませて頂きました。

雄大な太平洋の夕陽とスポットのタイムアウトでひとの去り静かな情景がなんとも言えず侘しさを覚えます、
円月島のぽつんとした様が侘しさを増幅しています。
d0171368_963167.jpg
d0171368_964969.jpg

[PR]
by tkspkt | 2011-01-23 09:08
天下茶屋さんからのルリビタキの画像です。

以下天下茶屋さんの書き込みです。
d0171368_19582223.jpg
d0171368_19585263.jpg


天下茶屋の雪かきをしていたら、ルリビタキ(瑠璃鶲:スズメ目ツグミ科の冬鳥)に出会いました。体長は14センチほどなので、
スズメと同じくらいの大きさ。名前の由来となるのは、オスの綺麗な青い体色ですが、写真の子はまだ少しくすんだ青色で、まだ
若鳥なのかもしれませんね。2枚目は、メスのルリビタキで、頭から背中にかけては地味な褐色。脇のオレンジ色の班と、白い眉
は共通なのですね。さえずりは「ヒョロピヒョロヒョロリッ」、地鳴きはジョウビタキに似て「ヒッヒッ、ガッガッ」。松平郷園地で
は、例年、繁殖期前の3月~4月ごろまで観察できます。
[PR]
by tkspkt | 2011-01-20 19:59
こんな寒い朝でも、カワセミ(翡翠:ブッポウソウ目カワセミ科)は朝食の狩に一生懸命です。とても綺麗な青い鳥として知られ
「渓流の宝石」とも呼ばれていますね。体長は17センチくらいなので、スズメほどの大きさ。長いくちばしと大きな頭が特徴です。
d0171368_1564829.jpg
d0171368_158929.jpg
d0171368_1582453.jpg
d0171368_1583825.jpg
d0171368_1585287.jpg

[PR]
by tkspkt | 2011-01-18 15:09
ふらりと高速に入り湾岸道路を一路西へ・・・まだ行き先は未定???、
家内の妹が熊野にいるがもう5年ほど逢っていない、病気の具合いは・・そう思い伊勢道に入り松坂から勢和多気で紀伊道に行くつもりが何を勘違いしたのか伊勢道を直進してしまいとうとう伊勢神宮まできてしまいとりあえず外宮にお参りをして、こんどは紀伊道に向けて行くが高速の内はいいが工事も途中で切れてオマケに道を間違え下の海岸まで降りて仕舞い参りました、何とか42号線に戻り熊野へ着いたらもう3時近い。
トンボ帰りで岐路に着くが途中で渋滞にもはまり5時間もかかり岡崎着全行程600キロです。
d0171368_20275218.jpg
d0171368_20282446.jpg
d0171368_20284197.jpg
d0171368_2029477.jpg

[PR]
by tkspkt | 2011-01-15 20:29